キラスタの春休み特別講座。
はじめてのボールトレーニングにご参加の皆さん、ありがとうございました!

笑顔いっぱい、体育館に笑い声が響いた時間でした。
キラスタの良さは「楽しい学びの時間」です。

子どもたちは「学び」とは思ってなく「遊び」の時間なのでしょう。
この「楽しい」体験が「自立」へ繋がる大切な時間なのだと思います。

はじめてのボールトレーニング。
ほとんどの子ども達が野球未経験者。

先生の言葉の意味もおそらく分かっていないだろうなぁ
という中でトレーニングが進んでいきます。

上手くボールが取れない。
どう動けばよいのか分からない。
怖い。痛い。

でも楽しい。

「初めてバッドを持ちました」というお子さんが多く
うちの子もバッドを振り回し1回転しちゃってる。

そしてルールも分からないうちに試合がスタートしてました(笑)

全てが「はじめて」のことだらけで戸惑う中
お父さん・お母さんが笑顔で応援していて
最後は全員一緒に野球を楽しみましたよ。

不安を楽しさに変える。
そんなプロフェッショナルが揃うキラスタの講師陣。

キラスタ・プロデューサーの尾関先生は
子どもたちの心を掴み、動かす抜群の言葉がけと指導力で
時折、保護者も一緒にトレーニングやゲームに誘導します。

保護者の笑顔が子ども達を一層楽しい気分にさせるんですね。

たくさんの「楽しい」を経験して
先入観や苦手意識をなくし
何にでも興味を持って、どんな状況でも楽しめることが
「生き抜く力」に繋がってくれたら嬉しいです。

開始前に保護者の方にお話を聞くと

キャッチボールをしたことないし、バットを持ったこともない
自分から進んで参加するタイプではない
好きだけど上手くなくてチームに入れない

そんな言葉が聞こえてきましたが
皆さん笑顔で帰られてホッとしました。

DSC_1381s